ヤクルトが今季4度目のサヨナラ勝ちを収めた。7―7の九回2死で山田哲が通算200号となる満塁本塁打を放ち、試合を決めた。6番手のマクガフが6勝目。広島は四回までに5―1と優位に試合を進めながら投手陣が崩れた。