岐阜市内の私立高校の教室で首をつり、死亡した同県大垣市の2年生の男子生徒(17)が、授業中にあった同級生の男子生徒とのトラブルについて男性担任から聞き取りを受けていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。同級生は軽いけがをしたという。生徒は、聴取を終えて待機するよう指示された約2時間後に首をつった状態で見つかった。

 岐阜県警は現場の状況などから、生徒が自殺を図ったとみて経緯を調べている。