東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=が両親から虐待され死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親優里被告(27)の裁判員裁判は4日午後も東京地裁で続いた。検察側は「しつけがただの暴力になった」などとする父親雄大被告(34)=傷害罪などで起訴=の供述調書を読み上げた。

 調書によると、雄大被告は「しつけがどんどんエスカレートし、怒りの感情が前面に出てただの暴力になった」と供述。さらに「優里は最初は結愛への暴力を非難していたが、私の言葉の暴力に洗脳されて意見を言えなくなったのだろう」とも述べていた。