2020年東京五輪・パラリンピックのチケット購入方法についての点字資料や音声案内CD作成を視覚障害者団体が大会組織委員会に求めている問題で、組織委は4日、情報がたびたび更新されることから要望に応えるのは困難だとの見解を改めて示した。

 チケットを巡っては、五輪チケットで当初予定になかった追加抽選が実施されるなど流動的な要素が多く、組織委の中南久志パラリンピック統括室長は記者団に「(内容変更のたびに印刷、配布するのは)物理的に難しい」として、公式サイトの音声案内などでの対応に理解を求めた。