2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、観客向けの暑さ対策として、降雪機を使って実験すると発表した。13日のカヌー・スプリントのテスト大会で効果を検証し、有効であれば他会場も含めて導入を検討する。組織委によると、国内のスポーツ大会での暑さ対策で雪を降らせるのは初めて。

 降雪機は2トン分の氷を積めるトラック型で、雪をつくって空中に放出する。通常は野外音楽祭や映画、CMの撮影で使われるものだという。実験するのは都内臨海部の海の森水上競技場で、組織委スタッフを屋根のない観客席に座らせて数分間雪を降らせ、暑さを和らげることができるかどうかを確かめる。