国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡る請求異議訴訟の最高裁判決を前に、漁業者側弁護団は4日、福岡市内で記者会見し「常識的に考えれば、最高裁は福岡高裁に審理を差し戻すだろう」との見解を示した。

 潮受け堤防の排水門は「開門」と「開門せず」の相反する司法判断が並立する状態が続き、13日の最高裁判決が、開門命令を無効化した高裁判断を見直すかどうか注目される。弁護団は審理を高裁に差し戻すか、国勝訴とする可能性があるとみている。

 馬奈木昭雄弁護団長は「国勝訴なら、司法が死んだ日になる」とした上で「失うものは何もない。高裁に差し戻されたら徹底的に闘う」と強調した。