【ロサンゼルス共同】ハリケーン「ドリアン」は4日、5段階の分類で下から2番目の「カテゴリー2」に勢力を弱めながら、米南部フロリダ州などの沿岸部を北上した。米ハリケーンセンターは川の氾濫など「命に関わる危険」があるとして警戒を呼び掛けている。

 ハリケーンが直撃した大西洋の島国バハマは広い範囲が浸水するなど壊滅的な被害が出た。7人が死亡し、1万3千以上の住居などが倒壊したと伝えられているが、被害の全容判明には時間がかかりそうだ。

 世界食糧計画(WFP)は、バハマでは6万人以上の食料が足りないとアピール。米南部の3州では計200万人以上に避難命令が出た。