重傷のやけどを負った当時3歳の長女を自宅に放置したとして、保護責任者遺棄の罪に問われた母親の橋本佳歩被告(22)と同居の無職田中聡被告(21)に、横浜地裁は4日、懲役2年、執行猶予4年(いずれも求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 片山隆夫裁判官は判決理由で、長女はすぐに入院治療が必要なほど重傷だったのに、2人はパチスロに興じるために放置したとし「保護者としての自覚や責任感に欠け、未熟」と非難。治療費を懸念して病院に連れて行かず、患部に食品用ラップを巻いたことは「適切な措置ではなかった」と指摘した。