海外用モバイルデータ通信サービス「イモトのWiFi」の新CM発表会が東京都内で開かれ、出演したお笑い芸人のイモトアヤコと、CMソングを歌う歌手五木ひろしと将棋の加藤一二三・九段らが登場した。2人はその場で歌を披露し、加藤九段のマイペースな歌いっぷりに、イモトは「なかなかのものを見たなと。衝撃」と、驚きを隠せない様子だった。

 五木は、伴奏よりも先に進みがちになった加藤九段の大声につられて調子を狂わせた。共演したモデルのアンミカから「輪唱になってました」と言われて苦笑いした五木は、自己採点で45点を付けた。

 ただ、加藤九段の歌唱力については「パワフルで『マイ・ウェイ』って感じ。そういう精神でないと将棋は強くならない」と納得。五木はさらに「うまい下手は別にして、うきうき感が表れているのは大事。私の歌より加藤先生の方がインパクトが強い」と褒めた。

 一方の加藤九段は、テンポに難があったとしながらも、自己採点を85点とし、報道陣を驚かせた。

 「クラシックの先生から声域はテノールで、音程が良いと褒められたことがある」と加藤九段。旧CMで「2人の恋は圏外知らず」というフレーズが話題となった歌を今回初めて歌い「メロディーも素晴らしい。CMソングの傑作だ」と収録を振り返っていた。