熊野古道や高野山で知られる「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録から15年を迎えたことを受け、和歌山県は4日、「高野山・熊野を愛する100人の会」を発足したと発表した。デザイナーのコシノジュンコさんや県出身の演歌歌手の坂本冬美さんらが参加している。

 高野山や熊野地域の魅力を発信するため、県が和歌山に縁のある著名人に呼び掛けた。歌手のMay J.さんや、タレントの片岡鶴太郎さんもメンバーで、計104人が加入。特設ホームページで坂本さんは「熊野三山を参拝すると荘厳さに心が洗われます。ぜひいらっしゃってください」とコメントしている。