中部電力は4日までに、愛知県小牧市や岩倉市などの顧客の氏名や住所といった個人情報を記載した116契約分の資料を紛失したと発表した。

 同社名古屋支店によると、新料金プラン紹介の業務を委託した50代の女性販売スタッフが3日正午すぎ、紛失に気付いた。個人情報が記載された資料は持ち出しを禁じられていたが、スタッフが営業活動のため携行していたという。

 既に県警小牧署に遺失届を提出。中部電は「今回の事象を重く受け止める」とコメントしており、顧客に謝罪と説明を行う。