4日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。朝方は米国景気の減速懸念から売りが優勢だったが、一部の国内消費関連銘柄に目先の業績改善を期待する買いが入り、平均株価を押し上げた。

 終値は前日比23円98銭高の2万0649円14銭。東証株価指数(TOPIX)は3・98ポイント安の1506・81。出来高は約9億11万株だった。