韓国で開かれる第24回釜山国際映画祭(10月3~12日)で、アジアの映画産業と文化発展に優れた業績を残した個人や団体に贈る今年の「アジア映画人賞」が、是枝裕和監督に授与されることが決まった。

 釜山映画祭は是枝監督について「アジア映画界で最も影響があり、インパクトがあり、支持されている映画監督。アジア映画界全体の発展と促進に大きな貢献をしていると同時に、映画監督としての素晴らしい技術を評価したい」としている。

 フランスで撮影し、カトリーヌ・ドヌーブさんやジュリエット・ビノシュさんらが出演した是枝監督の新作「真実」も同映画祭で上映される。