政府は4日、東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水を浄化した後の処理水の状況に関し、在京大使館関係者向け説明会を東京都内で開いた。情報共有を訴えている韓国の大使館担当者らに、政府小委員会で議論を続けている処分方法について、現時点で結論を出していないことなどを改めて示した。

 外務省、経済産業省、東電の担当者らが、8月9日に開かれた小委での議論の内容を説明し「処理水の扱いは風評の観点も含めた総合的な検討をしている」などと述べた。小委では、第1原発敷地内で処理水保管タンクの容量が2022年夏ごろにいっぱいになるとの見通しが東電から示された。