鹿児島県出水市で大塚璃愛来ちゃん(4)が死亡し、暴行容疑で母親の交際相手で同居の建設作業員日渡駿容疑者(21)が逮捕された事件で、母子が同県薩摩川内市の保育園で無断欠席を繰り返していたことが4日、園への取材で分かった。厚生労働省の担当者は同日、県中央児童相談所(鹿児島市)の職員から聞き取りを始め、一時保護をしなかった判断が適切だったかどうかなど事実確認を始めた。

 園によると、4月から6月末までの約3カ月間在籍したが、通園したのは計15日間で、大半は無断欠席だった。県警は3月21日~4月2日、1人で夜間に外出していた璃愛来ちゃんを計4回保護している。