テレビ朝日は3日、ハラスメントに当たる不適切な行為があったとして、同社報道局の社員を8月30日付で謹慎の懲戒処分にし、担当職務を解いたと明らかにした。

 関係者によると、社員は男性。現場からの情報を受け、7月上旬からコンプライアンス統括室を中心に調査を進めた結果、事実関係を確認したという。同社広報部は「社員がこのような事態を起こしたことを重く受け止め、再発防止をより一層徹底していく」とコメントしている。