宝塚歌劇団の人気をけん引した花組トップスターの明日海りおさんが30日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場の千秋楽でサヨナラショーを開いた。「宝塚大劇場さん! ここで感じたこと、過ごした時間、その全てを一生忘れません。さようなら」と笑顔で感謝の言葉を述べ、本拠地に別れを告げた。

 本公演に続いて開かれたサヨナラショーでは、過去の主演作「エリザベート」「ポーの一族」などの楽曲やダンスを披露。すすり泣く声が聞こえる満員の客席に向かって、明日海さんは「固い絆で結ばれたお客さまの存在が何よりの原動力になった」と語り掛けた。