自民党の武井俊輔衆院議員=宮崎1区選出=の男性私設秘書(23)が酒気帯び状態で乗用車を運転し、追突事故を起こしていたことが30日、事務所への取材で分かった。武井氏は直前まで乗車していたが、秘書の異変には気付かなかったと話しているという。警視庁築地署が任意で事情聴取している。

 事務所によると、秘書は29日午前8時15分ごろ、東京都中央区銀座5丁目付近で、事務所所有の乗用車で軽乗用車に追突する事故を起こした。現場検証の際、基準値を上回るアルコールを検出。前夜に深酒したと話しているという。

 秘書は武井氏を羽田空港まで送った帰りだった。