旅行大手の日本旅行(東京)と中堅の読売旅行(同)は30日、包括的業務提携契約を結んだと発表した。インターネットでの旅行販売が増えるなど競争が激しくなっており、提携で旅行商品やサービスの強化を図る。資本提携は現時点で検討していないという。

 日本旅行はJR西日本傘下で鉄道旅行に強みを持ち、海外は欧州を中心に商品を取りそろえる。読売新聞グループの読売旅行は東日本に強い顧客基盤を持ち、新聞の折り込みチラシによるツアー商品の販売が主力。両社は補完関係が築けると判断した。

 共同で旅行商品を開発し、互いの店舗での商品販売を拡大する。航空機の座席などを共同で確保する。