男子テニスの楽天ジャパン・オープンは30日、東京五輪会場として改修された有明コロシアムなどで開幕し、シングルス1回戦では主催者推薦の添田豪が世界ランキング37位のヤンレナルト・シュトルフ(ドイツ)を4―6、7―6、6―3で破り、2回戦に進んだ。添田は13度目の本戦で初勝利となった。

 西岡良仁もジョアン・ソウザ(ポルトガル)に7―5、6―3で勝ち、初めて2回戦に進んだ。主催者推薦の杉田祐一は第6シードのマリン・チリッチ(クロアチア)に4―6、4―6で屈した。

 ノバク・ジョコビッチとフィリプ・クライノビッチ(ともにセルビア)のペアはダブルス1回戦で敗れた。