7月に国内のホテルや旅館などに泊まった韓国人客は前年同月比10・8%減の延べ90万人で、32道府県でマイナスとなったことが30日、観光庁の宿泊旅行統計(速報値)で分かった。韓国人客の割合が多い傾向にある九州で落ち込みが目立ち、長崎県が46・3%減の9580人、福岡県は30・2%減の9万780人となった。

 都道府県別でマイナス幅が最も大きかったのは福井の74・5%減。もともと韓国人客が少なく、比較的少人数の減少でも変動率が大きかった。

 外国人全体の宿泊者数は5・1%増の958万人で、7月としては過去最多だった。