ヤクルトの新商品発表会が東京都内で開かれ、CMに出演したレーシングドライバーの佐藤琢磨とダンサーの菅原小春が登場し「撮影で何十本もヤクルトを飲んだ」と舞台裏を振り返った。

 新商品「ヤクルト1000」は、1本に千億個の生きた乳酸菌「シロタ株」を含む乳製品乳酸菌飲料。ストレスを和らげ、睡眠の質を高める機能があるという。

 佐藤は1万分の1秒を競うレースで極度のストレスと戦う。実際に1週間飲み続けたところ、よく眠れ、体調が良くなったと明かした。「今日も楽屋で飲んでストレスに備えてきた」と話した。

 ストレス対策は体調を管理するため「フィジオセラピスト」を帯同したり、自分専用のマットレスなどを持ち運んで、良い睡眠環境を維持したりしているそう。

 菅原は日常でストレスを感じるときを聞かれ「今」と回答。「私、しゃべりがうまくないから、踊ってるんです」と補足した。ストレス解消法は海に行くことといい「自分が地球上のちっぽけな存在であると気付かせてくれる。2月でも飛び込むことがある。ストレスがゼロになる」と独特の方法を披露した。