イタリアで開催されたセーリングのRSX級世界選手権で自己最高の総合10位となり、東京五輪代表に決まった男子の富沢慎(トヨタ自動車東日本)が30日、羽田空港に帰国し「始まる前の気持ちとしては10番は簡単ではないと思っていた。終わってみて、満足の結果」と素直に喜んだ。

 3大会連続で出場した2016年リオデジャネイロ五輪を15位で終えた後、「何かを変えないと駄目だ」と同五輪銀メダルのニック・デンプシー氏に師事した。課題だった強風下の走りは向上。海外の強豪選手との練習機会を得られたのも大きかった。