囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)は30日、東京都千代田区で打たれた第23期ドコモ杯女流棋聖戦の本戦トーナメント1回戦で万波奈穂四段(34)に敗れ、ベスト8進出はならなかった。

 対局は1手30秒未満、1分の考慮時間10回の早碁。中盤、仲邑初段の大石を攻めた万波四段が227手で黒番中押し勝ちした。

 仲邑初段は8月、女流棋聖戦の予選を勝ち上がり、本戦進出を決めた。本戦には16人が出場し、上野愛咲美女流棋聖への挑戦権を争う。仲邑初段の10歳6カ月での本戦出場は最年少記録だったが、強豪の万波四段に敗れ、1回戦で敗退となった。公式戦の通算成績は4勝3敗。