ヤクルトの次期監督に高津臣吾2軍監督(50)が就任することが30日、分かった。1日に正式に発表され、東京都内で記者会見を行う。球団首脳は高津2軍監督から内諾を得て、契約が複数年になることを明らかにした上で「(日本では)スワローズの生え抜き。メジャー、台湾、韓国、独立リーグでもプレーした。それだけ経験している人も少ないし、それだけ野球が好きだということ」と起用する理由を説明した。

 高津2軍監督は日本ではヤクルト一筋で歴代2位の286セーブをマーク。米大リーグ、ホワイトソックスなどでもプレーし、日米通算では44勝52敗313セーブを記録した。