大型で強い台風18号は沖縄・先島諸島から東シナ海に抜け、10月3日にかけて九州北部に接近する見通し。気象庁は30日、暴風雨や高波、高潮による浸水・冠水に厳重な警戒を呼び掛けている。沖縄電力は台風に備え、災害対策本部を設置した。

 気象庁によると、沖縄・波照間島では30日夜、1時間に80ミリを超える猛烈な雨となった。石垣島地方気象台との通信に障害が発生。八重山地方のレーダーデータが利用できないため情報の精度低下が起きており、復旧を急いでいる。沖縄で10月1日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は30メートル(45メートル)。