【ソウル共同】韓国の最大野党「自由韓国党」の洪日杓議員らは30日、ソウルの国会で記者会見し、日韓の政府や企業が出資して元徴用工らに賠償金を支給する基金をつくる法案を提出したと発表した。一部の与党議員も賛同したが、成立するかどうかは見通せない。

 日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた昨年10~11月の韓国最高裁判決以降、解決策を巡る法案提出は初めて。ただ、日本政府は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場で、日本側の出資が前提となった解決策に応じる公算は小さい。