大阪市は30日、住吉区役所の窓口を訪れた20代女性の携帯電話番号を無断で書き写し、無料通信アプリLINE(ライン)で連絡を取ったとして、同区役所総務課の男性職員(57)を停職3カ月の懲戒処分にした。「女性の雰囲気が気に入り、番号を控えて持ち帰った」と認めている。

 市によると、女性は7月9日、窓口で国民年金保険料免除・納付猶予を申請。保険年金課に所属していた男性職員が対応し、申請書に記されていた番号を紙にメモした。女性のアカウントを検索し、同11日、暑中見舞いのスタンプを送った。

 女性が区役所に相談するなどして発覚。男性職員は7月末に総務課に異動になった。