28日に放送を終了したNHK連続テレビ小説「なつぞら」(全156回)の期間平均視聴率は関東地区で21・0%、関西地区で18・3%だったことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 関東地区で朝ドラの期間平均視聴率が20%を超えたのは「あさが来た」から8作連続。関西地区は「わろてんか」以降、4作連続で20%に届かなかった。

 「なつぞら」の最終回は関東地区が21・0%、関西地区が17・5%。

 「なつぞら」は広瀬すずさんが主演。戦争で両親を亡くしたヒロインが北海道・十勝で育った後、草創期のアニメーションの世界に挑む姿を描いた。