大型で強い台風18号は30日、発達しながら沖縄・与那国島の南の海上を北西に進んだ。夜には先島諸島に接近し、猛烈な風が吹き、周辺の海上は猛烈なしけとなる。10月3日にかけて東シナ海から九州北部に近づく見通し。気象庁は暴風雨や高波、高潮による浸水・冠水に厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、沖縄で10月1日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は40メートル(55メートル)、波の高さは10メートル。1日正午までの24時間予想雨量は250ミリ。

 台風18号は30日正午の観測で「強い台風」から「大型で強い台風」に変わった。