兵庫県警鉄道警察隊は30日、同隊の女性巡査長(27)が29日、JR相生駅(同県相生市)の女子トイレ個室に実弾入りの拳銃を一時置き忘れたと発表した。約1時間20分後に女性利用客が見つけ、駅に届けた。使用された形跡はなかった。

 同隊によると、女性巡査長は29日午後4時ごろ、拳銃や手錠を装着したベルトを個室のフックに引っかけ、置き忘れに気づかず勤務に戻っていた。同隊の川崎英三副隊長は「今後、拳銃の取り扱いについて指導を徹底する」とコメントした。