【ドーハ共同】陸上の世界選手権第3日は29日、ドーハで行われ、女子20キロ競歩で岡田久美子(ビックカメラ)が1時間34分36秒で、日本勢の過去最高に並ぶ6位に入った。藤井菜々子(エディオン)は1時間34分50秒で7位。リオデジャネイロ五輪覇者の劉虹が1時間32分53秒で3度目の優勝を果たし、中国勢が表彰台を独占した。