【ドーハ共同】陸上の世界選手権第3日は29日、ドーハで行われ、男子200m予選で小池祐貴は20秒46の2組4着、白石黄良々は20秒62の6組5着、山下潤は20秒62の5組5着で敗退した。

 女子の100mはフレーザープライス(ジャマイカ)が今季世界最高の10秒71で2大会ぶり4度目の優勝。棒高跳びは個人資格で出場したシドロワ(ロシア)が4m95で初制覇した。

 混合1600mリレー決勝は米国が3分9秒34の世界新記録で制し、男子三段跳びはテーラー(米国)が17m92で3大会連続4度目の優勝を果たした。