【釜山共同】12の国・地域で争う野球の18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)第5日は3日、韓国・釜山郊外の機張で1次リーグが行われ、初の世界一を目指すB組の高校日本代表は第5戦でパナマを5―1の六回裏途中降雨コールドゲームで下し、4勝1敗で2次リーグに進出した。

 日本は1点を追う二回に横山(栃木・作新学院)の犠飛で追い付き、1―1の五回に石川(愛知・東邦)の3点本塁打で勝ち越した。六回は水上(兵庫・明石商)のソロ本塁打で加点し、なお攻撃中に、断続的に降っていた雨が強くなり、中断後にコールドゲームとなった。

 各組の上位3チームが2次リーグに進む。