【ロンドン共同】スコットランド・ラグビー協会は3日、ワールドカップ(W杯)日本大会に臨む代表31人を発表し、SHレイドローとSOラッセルのハーフ団やFBホッグらが名を連ねた。フッカーのマキナリーが主将を務める。

 スコットランドは日本と同じ1次リーグA組で9月22日にアイルランドとの初戦に臨み、30日にサモア、10月9日にロシアと対戦。13日の最終戦で日本と顔を合わせる。