日本相撲協会は3日、西十両5枚目の貴ノ富士関(22)=本名上山剛、栃木県出身、千賀ノ浦部屋=が付け人の序二段力士に暴力を振るったと発表した。貴ノ富士関は「貴公俊」のしこ名だった昨年春場所中(当時は貴乃花部屋に所属)に付け人を殴打し、1場所出場停止処分を受けている。

 師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の判断で貴ノ富士関は謹慎となり、秋場所(8日初日・両国国技館)を休場する。3日に同親方が鏡山コンプライアンス部長(元関脇多賀竜)に報告。今後はコンプライアンス委員会(青沼隆之委員長=元名古屋高検検事長)が調査し、処分を協議する。