【香港共同】香港の中学や高校などで3日、「逃亡犯条例」改正案への抗議活動の一環として、一部生徒が2日に続き授業ボイコットを行った。香港メディアによると、中高生らはガスマスクを着けて校門前で一時座り込みをしたり、校内で集会を開いたりした。

 別の学校では、授業ボイコットの参加者リストを学校側が当局に提出するとの情報がインターネット上で広まり、反発した生徒や市民らが3日朝に校舎近くで抗議活動を実施。駆け付けた警官に、逃げようとした男子生徒が押し倒され、負傷した。

 立法会(議会)近くでは、民主派労働団体が抗議集会を開催した。