医師不足に悩む大阪府三島救命救急センター(高槻市)がインターネットで運営資金を募ったクラウドファンディングは3日、当初目標の2倍を超える約4160万円を調達して終了した。存続が危ぶまれたため異例の手法で資金調達を始めたところ、3カ月で約1900人が寄付を表明した。支援金を集める手法として医療分野でも注目されそうだ。

 センターは、総合病院などを母体とせず独立採算で運営する「単独型」の救命救急拠点。医療者不足で急患の受け入れ制限を迫られていた。6月に2千万円を目標に支援を募ると、元患者や地域住民から寄付が集まり、1週間で達成。目標額を4千万円に引き上げた。