日本ボクシング連盟前会長で、会長辞任後に同連盟から除名となった山根明氏(79)が3日、大阪市内で記者会見し、プロの新団体「ワールド・ヤマネ・ボクシング・チャンピオンシップ(WYBC)」を設立し、今月末にヘビー級の試合を開催すると発表した。

 会見で山根氏は「フリーランスのプロボクサーが、日本で闘える環境をつくるため」と設立の意図を説明。最初の試合は29日に京都市で行われ、格闘家の高橋知哉(31)がブラジル選手と闘う。

 WYBCはプロボクシングの国内統括団体である日本ボクシングコミッション(JBC)や、世界主要4団体などとは一線を画して活動するという。