鹿児島県出水市で大塚璃愛来ちゃん(4)が死亡した事件で、暴行容疑で逮捕された母親の交際相手で同居の建設作業員日渡駿容疑者(21)が逮捕直前、友人に「うそをついたからしつけのためにげんこつをした。風呂で目を離した間に溺れてしまった」と話していたことが3日、分かった。

 一方、県中央児童相談所(鹿児島市)は4月10日、母子についての援助方針会議で母親の育児放棄(ネグレクト)を認定し「継続指導が必要」と判断したが、同3日に母子と2回目の面談をして以降、直接訪問はしていなかった。