親の子どもへの体罰を禁止する改正児童虐待防止法と改正児童福祉法が来年4月から施行されることを受け、厚生労働省は3日、年内をめどに、禁止される体罰の範囲などを示すガイドラインを作成する方針を明らかにした。

 この日、体罰によらない子育てを推進するための有識者検討会の初会合を開催。有識者からは「暴力だけでなく暴言などの心理的虐待も許容されないことを、ガイドラインに明記すべきだ」といった声や「どうしたら親が暴力や感情的な言葉を用いず育児ができるかに焦点を当てるべきだ」などの意見が出た。