昨年の台風21号で高波による浸水と連絡橋へのタンカーの衝突で関西空港が一時孤立してから4日で1年。被害を教訓に、空港を運営する関西エアポートは護岸のかさ上げなどハード、ソフト両面で対策を進めてきた。

 台風21号では高波が護岸を乗り越え広範囲に浸水。滑走路の排水機能が停止し、ターミナルビル地下の電源設備も被害を受けた。さらに強風で流されたタンカーが連絡橋に衝突してアクセスが遮断する被害をもたらした。

 関西エアは緊急対策として雨風から電源設備を守る水密扉を設置し、排水ポンプ車も配備。浸水した1期島の護岸と滑走路のかさ上げなどを2022年度末までに完成させる。