【北京共同】中国商務省は3日、米国や欧州連合(EU)、日本などが製造する化学薬品原料のフェノールが不当に安い価格で輸入されていると認定し、反ダンピング(不当廉売)関税を課すことを決定したと発表した。国内産業が損害を被ったとしている。

 商務省は「中国の法律と世界貿易機関(WTO)の関連規則に照らし厳格に調査した」と説明した。中国は2日にトランプ米政権の対中制裁関税を巡りWTOへの提訴を決めたばかり。米国との貿易摩擦でWTOを前面に押し出した対抗措置を強める可能性もある。

 関税率は10・6%から287・2%で、期限は5年。6日から適用する。