牛丼チェーンの「すき家」を展開するすき家本部は3日、10月の消費増税時に税率が引き上げられる店内飲食の本体価格を調整することで、持ち帰った場合の税込み価格と統一すると発表した。主力の「牛丼 並盛」は店内飲食の本体価格を値下げし、税込み価格を350円に据え置く。

 消費増税時に軽減税率制度が導入されると、店内飲食の税率が10%となる一方で、持ち帰りの場合は8%に据え置かれる。すき家本部は「同じ商品なのに異なる価格になると分かりにくい」(広報)として、価格を一律にすることを決めた。「牛丼 並盛」以外のメニューの統一価格は今後決定する。