奈良県斑鳩町の世界遺産・法隆寺の参道に初めて開業予定のホテルで3日、報道関係者向けの内覧会が開かれた。ホテルでは日本文化の体験ができ、訪日外国人観光客の宿泊を増やすのが狙い。

 門前宿「和空法隆寺」という名称で、8日にオープンする。法隆寺までは徒歩1分。大阪市の観光関連企業が運営する。2階建ての2棟から成り、計60室。ホテル内で茶道や書道、華道などの体験を楽しめる。1人1泊2食付きで1万8500円から。

 奈良県は歴史のある寺院などで観光地として人気があるが、宿泊施設が少なく、日帰り客が多いのが課題になっている。