名古屋市名東区で昨年1月、市立中1年の斎藤華子さん=当時(13)=が自殺した問題で、市は3日、遺族が求めていた第三者による再調査のため、いじめ防止対策推進法に基づく新たな調査委員会を設置する条例案を市議会に提出した。9月議会で可決され、年内にも発足する見通し。河村たかし市長が再調査をすると表明していた。

 今年4月、市教育委員会の第三者委員会が「いじめは認められない」とする調査報告書を市教委に答申。父信太郎さん(47)が「調査は不十分」として、市教委側と利害関係のない愛知県外の弁護士らを選任し、再調査するよう要望していた。