東京都目黒区の船戸結愛ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親優里被告(27)は3日、東京地裁(守下実裁判長)の裁判員裁判初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 弁護人は、同罪と結愛ちゃんへの傷害罪などに問われた父親雄大被告(34)の「強固な心理的な支配下にあった」と述べた。

 親による子どもへの体罰禁止や児童相談所の体制強化など法改正のきっかけとなった事件。雄大被告の初公判は10月1日に開かれる。