【ニューヨーク共同】国際赤十字・赤新月社連盟は2日、強い勢力のハリケーン「ドリアン」の直撃を受けた大西洋の島国バハマで、約1万3千棟の家屋に深刻な被害が出たとの推計を発表した。暴風のほか、高潮の被害が深刻。バハマは米南部フロリダ半島の東の沖合に位置し、ドリアンは同半島に近づいた。

 バハマからの報道によると、ミニス首相は2日、ドリアンによる死者が5人に上ったと明らかにした。ミニス氏は「私たちは歴史的な悲劇のただ中にある」と述べた。

 バハマでは高潮で身動きが取れなくなり、建物の屋上で救助を求める人が続出した。