バレーボール女子のワールドカップ(W杯)最終日は29日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪などで行われ、世界ランキング6位の日本は同7位のオランダに3―1で勝ち、6勝5敗の5位で大会を終えた。

 第1セットは新鍋(久光製薬)や鍋谷(デンソー)の攻撃がさえて25―18で先取。第2セットは石井(久光製薬)の強打が決まって27―25で奪い、第3セットを24―26で落としたが、第4セットは25―21で競り勝った。

 リオ五輪金メダルの中国がアルゼンチンにストレート勝ちし、既に決めていた大会2連覇を11戦全勝で飾った。米国が韓国を3―1で退けて10勝1敗で2位。