ラグビーのワールドカップ(W杯)1次リーグA組で日本に敗れたアイルランド代表のSOセクストンが29日、試合から一夜明けて神戸市内で記者会見し「普段しないような小さなミスがあった。その原因を探る必要はあるが、日本が素晴らしい試合をしたことに変わりはない」と語った。

 昨年の世界最優秀選手に輝いた司令塔は、右太もも痛のため欠場し「チームを助けることができなくて、非常にもどかしかった」とコメント。29日は朝からチームで試合映像を振り返ったことを明かし「ペナルティーを与えた場面は確かに全て反則だった。規律面で十分でなかったと認めるしかない」と指摘した。